コーディネーターの櫻田です。

人には得手、不得手があります。

それはきっと、自分の役割を見つけるためにも必要なことなんだろうな、と思います。

私はサロンのオーナー川野さんや、健康管理士高島さんのように資格があるわけでもなく、人脈があるわけでもないのに、コーディネーターというお仕事をさせていただくことになりました。

そんな私ができることは何だろう、と考えた時、オーナーや高島さんのように技術や資格や才能のある方を縁の下で支えることが私の役割なのだな、というところにたどり着きました。

きっとこの先、WITH・HUGのドアを開けて訪ねてくださる方を、
私は支えていくのです。知恵を絞り、リサーチをして、あらゆる方法を駆使して。

あなたの得意なことは何ですか?
あなたが自信を持てることは何ですか?
それがあなたの大切な役割になるのです。